地金・コインに関する重要なお知らせ

平成28年1月1日より
マイナンバー制度の導入に伴う所得税法等の改正により、
200万円を超えるご売却の際は個人番号通知書類の原本または
マイナンバーカードの提示が必要となります。

これは当社が税務署に提出すべき
「支払調書」へのお客様の個人番号の記載が
必要とされるためです。
お客様よりご提示頂いた個人番号(マイナンバー)は、
支払調書作成のためにのみ使用させていただきます。

対象となるのは金地金・プラチナ地金・金貨・プラチナコインのご売却取引時の、
200万円を超える場合のみとなります。


平成24年1月1日より「支払調書制度」導入となりました。
詳しくは
こちらをクリックして下さい。

当社では訪問による販売・買受けはいたしておりません

2011年4月1日より
地金売買の手数料およびコインの売買価格が変わっております。

【 金・プラチナ地金の売買についての詳細情報はこちら】

犯罪による収益の移転防止に関する法律について
田中貴金属工業様からのお知らせです



平成24年1月1日より施行の「支払調書制度」について

平成23年の所得税法改正により、
金地金、プラチナ地金、金貨・プラチナコインなどを
ご売却される際に「支払調書制度」が導入されることになりました。
これは、ご売却益が発生した場合に必要な確定申告を
促進することを目的として、平成24年1月1日より施行されております。
この改正により、お客様へのお支払が200万円を超える場合
当社には、お客様との取引内容を記載した「支払調書」を
管轄の税務署に提出する義務が生じました。
「金定額購入」「プラチナ定額購入」におけるご売却のお支払いも対象となります。

「支払調書」に記載するのはお客様の住所・氏名などの他、
売却された貴金属の種類及び数量、支払金額、支払確定年月日です。

現金支払のみならず現金以外での支払方法(振込)の場合も
ご本人様確認が必要となりますので、 ご来店の際は、
ご本人を確認できる書類(運転免許証や健康保険証など)をご持参ください。

※銀地金、パラジウム地金や貴金属ジュエリーなどの売却は
「支払調書」提出の対象とはなりません。


■■■
税金についての詳しい点につきましては、
お近くの税務署または税理士にお問い合せください。
■■■



恐れ入りますが、ブラウザの「閉じる」ボタンでお戻り下さい。